木でできた人と家

交通の便がいい住みやすい街で不動産会社や物件を探そう

不動産売却でのポイント

マンション

マンション売却には様々な形があります。例えば買い替えに伴う売却や、転勤などに備えての売却があります。あるいは賃貸経営をしているマンションの売却もあれば、ローン返済が滞ることでの処分もあります。いずれにしても、マンション売却までの期間がそれぞれに異なるのが特徴です。借り換えとなれば、次の物件の購入金額にも影響するので早めに買い手を探したいところです。転勤により転居先で賃貸物件を借りるということならば、差し迫って急を要することは少なくなります。けれどもローン返済の滞納によるものならば、競売を避けるための任意売却となるので急ぐ必要があります。高値で売ることよりも、とにかく処分することが最優先となります。

マンション売却で今後増えると予測されるのは、ローン返済に困っての任意売却です。というのは、低金利が続いたことにより変動金利で住宅ローンを組んでいるケースがかなりあるからです。そして今後、その金利が上昇することになれば返済の負担が増加することにつながります。不動産相場の上昇によって、高い価格でマンションを買う人も増えています。金利を固定に替えるにも手数料が必要ですし、現実にはなかなかそのような手を打つことは少ないものです。何とかなると思う間に首が回らなくなるのは、よくあるパターンです。変動金利で借り入れを行っているならば、そのために今後は、不慮のマンション売却を避けるために早めに固定金利への切り替えを検討することが重要となります。